フォローする

ウェブベース・PDCAサイクル学修®

ウェブベース・PDCAサイクル学修®は、学修科目(教材)を、複数のカテゴリと分野に分類しています。 さらに、学修教材は、受講者の知識レベルや経験に合わせて選べるように、5種類のコースをご用意しています。 また、学修の終了時に、確認テストを受けていただきレベル判定いたします。 学修及び確認テストは何度でも反復できますので、より深い知識を身に着けることが可能です。

なお、グループ学修には、PDCAサイクル学修の教材とリンクさせた課題があります。その課題に参加する際には、当該のPDCAサイクル学修教材の受講および確認テスト合格を条件としている場合があります。 予めご承知おきください。 詳しくは、グループ学修のご紹介ページをご査証ください。       

グループ学修のご紹介へ

 

PDCAサイクル学修のカテゴリ

  1. 臨床検査技師の職能向上 日臨技の推進事業である、職能向上に関連した研修用教材を用意しています。
  2. 医療人スキル  職業人、医療人として求められる全人的なスキルや、業務遂行上で必要とされる知識を学びます。
  3. 品質保証    検査室の品質を維持、向上させるためのシステム構築、運営についてQMS(品質マネジメントシステム)、ISO15189の要求事項を中心に学びます。
  4. 生体検査    生体検査に関する学術的および実務的な知識を学びます。
  5. 検体検査    検査項目ごとの学術的知識について学びます。
  6. 日臨技認定講座 認定検査技師、認定取得を目指す方向けの教材や、研修会、講習会の模様をビデオ収録したコンテンツを学びます。

 PDCAサイクル学修の5つのコース

  1. 新人   実務経験の少ない方向け
  2. 初級   基礎知識を強化したい人向け
  3. 中級   専門的な知識を強化したい人向け
  4. 上級   指導者レベルの知識を強化したい人向け
  5. オープン  レベルに関係なく必要な知識が学べます

_PDCA.png

 

※分野、学修科目の詳細は、教材一覧をご参照ください。 教材一覧へ

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk